メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

田川寿美/大石まどか=専門編集委員・川崎浩

田川寿美 「枠」も成長の栄養に

 一度「ジャンル」の枠にはまると、そこから出るのは難しい。いつかどこかでチャレンジ心が芽生えたりした時に、その枠は大きな障壁になる。

 田川寿美は、1992年のデビュー曲「女…ひとり旅」の時から「演歌の期待の星」「抜群の歌唱力」とスポットライトを浴び、25年間「演歌一筋」で歩んできた。今歌う「心化粧」(さいとう大三詞・幸耕平曲、コロムビア)も、メジャーとはいえ「これぞ演歌」の曲である。が、本人は言う。「哀愁情念たっぷりの本格演歌と呼ばれる曲ばかり歌ってきた。ある意味“コア演歌”。それに比べれば新曲はポップなんだと…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです