メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高麗屋襲名・三代の肖像

/上 松本金太郎改め八代目染五郎 大人の役へ「挑戦し続ける」

八代目染五郎を襲名する松本金太郎=竹内紀臣撮影

 松本幸四郎家(高麗屋)の三代そろっての襲名興行が、来年1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに全国で催される。松本幸四郎が二代目松本白鸚(はくおう)、市川染五郎が十代目幸四郎、松本金太郎が八代目染五郎を名乗る。1981年には初代白鸚、九代目幸四郎、七代目染五郎の襲名興行が同座で行われた。37年ぶりの慶事を控えた3人を3回で紹介したい。まずは孫の金太郎から始めよう。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです