メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本女子学生優勝大会 日体大V 10年ぶり2回目

【鹿屋体育大-日本体育大】次鋒戦で鹿屋体育大の山本を攻める日本体育大の小川(左)=春日井市総合体育館で2017年11月12日、木葉健二撮影

 第36回全日本女子学生剣道優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)は12日、愛知・春日井市総合体育館で行われ、日体大が10年ぶり2回目の優勝を果たした。準優勝は鹿屋体大。3位は筑波大と国士舘大で、連覇を狙った明大は3回戦で関学大に敗れた。

昨年の雪辱果たす

 昨年の悔し涙は無駄にならなかった。試合終了を知らせる合図と同時に、うれし涙があふれた顔を手で覆った日体大の選手たち。新里監督は「剣道の神様が味…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです