メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道警 「アレフ」家宅捜索 違法勧誘の疑い

 オウム真理教から改称した教団「アレフ」が、別の仏教関係の勉強会を名乗って女性を勧誘した際、必要な書類を交わさなかったとして、北海道警は13日、特定商取引法違反の疑いで、札幌市白石区や福岡市博多区の施設など5カ所を家宅捜索した。

 道警によると、男性信者が今年2月、勉強会と称して札幌市の20代女性を勧誘。同市内の飲食店などで勉強会を数回開き、女性は入会金や受講料など数万円を支払ったが、男性信者は必要な書面を交わさなかった疑いがある。女性はアレフの勧誘だったのではないかと不審に思い、道警に相談した。男性信者に渡した数万円は女性に返却されたという。【真貝恒平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児 自宅2階から飛び降り自殺か 埼玉・鶴ケ島
  2. 訃報 鶴ひろみさん 57歳=声優
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. ことば 最終処分場
  5. 大相撲 日馬富士、暴行認める 診断医師は重傷否定 県警聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]