駅伝

マツダが3年連続V 中国実業団対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第56回中国実業団対抗駅伝は12日、広島県世羅町のせら文化センターを発着点とする7区間80.8キロのコースに10チームが出場して行われ、マツダが4時間3分31秒で3年連続10回目の優勝を果たした。2位の中国電力、3位の中電工までの上位3チームが全日本実業団対抗駅伝の出場権を獲得した一方、JFEスチールの連続出場は41年連続で途切れた。

 【総合成績】(1)マツダ(寺西、ニャコラ、延藤、円井、周防、山本憲、富永)4時間3分31秒(2)中国電力4時間3分55秒(3)中電工4時間5分31秒=以上全日本大会出場(4)JFEスチール4時間8分31秒(5)武田薬品4時間28分2秒(6)自衛隊山口4時間34分33秒(7)日新製鋼4時間44分28秒(8)ホシザキ4時間47分30秒(9)広島市役所5時間1分16秒(10)三菱重工広島5時間8分48…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文785文字)

あわせて読みたい

注目の特集