メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
光害対策

「星空保全条例」の素案まとめる 鳥取県

鳥取砂丘で撮影した星空(鳥取県提供)

 美しい星空が楽しめる鳥取県内の自然環境を守るため、サーチライトの規制による光害対策などを盛り込んだ「星空保全条例」の素案を県がまとめた。違反者に過料を科す罰則も設けて、11月定例県議会に提案する方針だ。【李英浩】

 星空観察を観光戦略に生かす「星取県(ほしとりけん)」の取り組みの一環。条例によって光害を防ぐことで、全国で最も星空が見えやすいとされる環境を将来にわたって保ち続けることを目指している。

 条例案は、現行の景観形成条例などでは規制できない光害を想定している。災害対策や研究に使うといった特…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文666文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 地震 大阪府北部で震度6弱
  3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]