メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

「手づかみ食べ」っていいの?

「手づかみ食べ」でニンジンを味わう7カ月の乳児=埼玉県鴻巣市のどんぐりっこ保育園で、矢澤秀範撮影

 乳幼児の「手づかみ食べ」が注目されている。無理にスプーンで食べさせず、意欲に任せて自由に食べさせる方法だ。「なかなか食べてくれない」「好き嫌いが多い」といった悩みから解放された親が多いとも。汚れや行儀が気になるかもしれないが、1歳半を迎える頃には指が発達し、スプーンを使って食べられるようになる。実践する埼玉県鴻巣市の「どんぐりっこ保育園」を訪ねた。【生活報道部・矢澤秀範】

 木のぬくもりに囲まれた開放的な園舎で、乳児が元気いっぱいに動き回っていた。遊具のない園庭では、年少児たちが土まみれ。年中児は奥の畑で、堆肥(たいひ)場にする大きな穴をスコップで掘っていた。

 園舎の中心にあるのが一面ガラス張りの給食室。床を20センチ下げているので、ホールで遊ぶ子どもたちから中の様子がよく見える。調理師らが丹精込めて準備する給食は、栄養バランスを考えた和食が中心だ。それぞれの月齢に合わせたタイミングで提供時間を変えていく。

この記事は有料記事です。

残り2299文字(全文2708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです