メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

「手づかみ食べ」っていいの?

「手づかみ食べ」でニンジンを味わう7カ月の乳児=埼玉県鴻巣市のどんぐりっこ保育園で、矢澤秀範撮影

 乳幼児の「手づかみ食べ」が注目されている。無理にスプーンで食べさせず、意欲に任せて自由に食べさせる方法だ。「なかなか食べてくれない」「好き嫌いが多い」といった悩みから解放された親が多いとも。汚れや行儀が気になるかもしれないが、1歳半を迎える頃には指が発達し、スプーンを使って食べられるようになる。実践する埼玉県鴻巣市の「どんぐりっこ保育園」を訪ねた。【生活報道部・矢澤秀範】

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです