メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

衆院選座談会 学生は経済重視で与党? 政権支持、男女で大きな差 学生60人調査

総選挙結果について、感想や意見を出し合う大学生たち=毎日新聞東京本社で

 10月22日に投開票が行われた衆議院議員選挙。今回は選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初の総選挙だ。キャンパるのネットワークから、選挙権を持つ大学生60人を対象に選挙後の2週間でアンケートを実施。さらに、その結果をもとに現役大学生5人で座談会を開き、選挙戦、そしてこれからの政治について率直な意見を聞いた。【まとめ、上智大・渡邊琢磨、写真は東京理科大・加藤真衣】

 --アンケート回答者では72%の人が「投票に行った」と回答した。座談会に参加したみなさんも投票に行…

この記事は有料記事です。

残り2973文字(全文3209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです