メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
バスケットボール

Bリーグ 病児の支え、背番号「14」 長期療養児入団 練習に参加「挑戦する気持ち育つ」

アルバルク東京への入団式を前に、両親(左奥)らに見守られてシュート練習をする人形櫂世さん(手前)=東京都狛江市で、宮武祐希撮影

 股関節の病気で長期療養している東京都狛江市の小学1年生、人形櫂世(ひとかたかいせい)さん(7)が15日から4カ月間、バスケットボール男子Bリーグの「アルバルク東京」にメンバーとして「入団」する。プロスポーツチームが病児らを1日体験ではなく長期間受け入れる試みは国内初で、世界でも珍しいという。生まれた日にちなみ背番号14をつける予定の櫂世さんは「選手と一緒に練習するのが楽しみ」と話す。【細川貴代】

 櫂世さんは野球が大好きで、空手やスキーにも挑戦する活発な子だったが、今春、大腿(だいたい)骨の頭の…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文873文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです