イラン・イラク地震

道路寸断し捜索難航 震源近くで生き埋め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イランとイラクの国境の山岳地帯で12日夜に発生した地震を受け、両国政府は救助活動を本格化させているが、余震が続く山岳地帯の現場では土砂崩れが発生し、各地で道路が寸断。救助隊が到着できない地区もあり、捜索や救出は難航している。死者数はイラン側で445人、イラク側で7人。けが人は両国で計7400人以上となっている。

 「多くの人が腕や足を骨折し、病院に搬送されている。余震が怖い。停電も各地で続いている」

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文528文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集