メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我妻栄

米沢出身の民法学者「思い、現代にも」 孫の学氏が市内で講演 /山形

我妻栄直筆の巻物に見入る孫の学教授(左から2人目)=米沢市中央3の我妻栄記念館で

 米沢市出身の戦後を代表する民法学者、我妻栄(1897~1973年)の孫で、首都大学東京の我妻学教授(57)=民事訴訟法=が12日、同市内で講演した。日米安全保障条約改定を巡り旧友の岸信介首相に退陣を促すなど、栄は骨太の法律家としても知られる。学さんは「祖父の思いは現代にも生き続けている」と語りかけた。

 栄が死去した時はまだ中学2年。「最晩年の姿しか知らない」としながらも、特に故郷の米沢を愛していたエ…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです