ブラインドメイク

視覚障害者に化粧講座 大阪の女性考案 両手と指、左右対称に動かし「美は力 気持ち前向きに」 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大石華法さん(右)からブラインドメイクを教わる千代元子さん=静岡市葵区で
大石華法さん(右)からブラインドメイクを教わる千代元子さん=静岡市葵区で

 目が見えなくても美しくありたい--。視覚障害者が、両手と指を使って自分自身でフルメーキャップができる手法「ブラインドメイク」が注目されている。日本ケアメイク協会の大石華法理事長=大阪市=が約7年前に考案して以来、全国各地から「これまであきらめていた化粧をしたい」などと女性が集まり、徹底した指導の下で学んでいる。【古川幸奈】

 「本当に久しぶり」。静岡市内の眼科の一室で、大石さんが自身の生徒である千代(せんだい)元子さん(69)を笑顔で迎えた。千代さんは、昨春からブラインドメイク講座を受ける全盲の女性だ。「4カ月ぶりだから、だいぶ自己流になっちゃった」。化粧ポーチを取り出しながら千代さんははにかむ。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1113文字)

あわせて読みたい

注目の特集