メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲賀もちふる里まつり

今年で最後、盛大に 19日に /滋賀

最後となる甲賀もちふる里まつりをPRする河合定郎さん=滋賀県甲賀市役所で、衛藤達生撮影

 「甲賀もちふる里まつり」が19日、甲賀市甲賀町大久保の鹿深(かふか)夢の森で開かれる。小佐治地域の活性化などを目的に行われ、毎年4000人が参加したが、主催する地域住民の負担が大きくなったため、20回目となる今年で最後にするという。

 同地域では重粘土質の土壌を生かしてモチ米「滋賀羽二重糯(もち)」を栽培。粘りとコシ、伸びの三拍子そろった餅ができると人気を博している…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです