メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

島根2例目、高病原性 松江・宍道湖岸死骸から検出 /鳥取

 島根県は13日、松江市内の宍道湖岸で7日に回収された野鳥のキンクロハジロの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。確定検査で毒性が強い高病原性が確認されたのは同県内で今季2例目。また、同県は同日、新たに野鳥3羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したと発表した。

 キンクロハジロの死骸は松江市打出町で発見。簡易検査で陽性反応が出たため、鳥取大で確定検査をしていた。島根県は半径10キロ以内の養鶏農家などに異状がないことを確認しており、野鳥の監視強化も継続する。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです