鳥インフルエンザ

島根2例目、高病原性 松江・宍道湖岸死骸から検出 /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 島根県は13日、松江市内の宍道湖岸で7日に回収された野鳥のキンクロハジロの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。確定検査で毒性が強い高病原性が確認されたのは同県内で今季2例目。また、同県は同日、新たに野鳥3羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したと発表した。

 キンクロハジロの死骸は松江市打出町で発見。簡易検査で陽性反応が出たため、鳥取大で確定検査をしていた。島根県は半径10キロ以内の養鶏農家などに異状がないことを確認しており、野鳥の監視強化も継続する。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文427文字)

あわせて読みたい

注目の特集