メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

島根2例目、高病原性 松江・宍道湖岸死骸から検出 /鳥取

 島根県は13日、松江市内の宍道湖岸で7日に回収された野鳥のキンクロハジロの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。確定検査で毒性が強い高病原性が確認されたのは同県内で今季2例目。また、同県は同日、新たに野鳥3羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したと発表した。

 キンクロハジロの死骸は松江市打出町で発見。簡易検査で陽性反応が出たため、鳥取大で確定検査をしていた…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文427文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]