パートナーシップ制度

「導入を」 LGBTアライアンス代表ら、福岡市長に要望書提出 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡市内の性的少数者(LGBTなど)関係7団体で構成する「LGBTアライアンス福岡」の五十嵐ゆり代表(44)ら6人が13日、市役所を訪れ、高島宗一郎市長と川上晋平議長に、同性のパートナーを法的に家族と認証するパートナーシップ制度の導入などを求める要望書を手渡した。

 五十嵐代表は、LGBTは人口の3~8%程度存在し、約20カ国・地域が、国…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集