メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パートナーシップ制度

「導入を」 LGBTアライアンス代表ら、福岡市長に要望書提出 /福岡

 福岡市内の性的少数者(LGBTなど)関係7団体で構成する「LGBTアライアンス福岡」の五十嵐ゆり代表(44)ら6人が13日、市役所を訪れ、高島宗一郎市長と川上晋平議長に、同性のパートナーを法的に家族と認証するパートナーシップ制度の導入などを求める要望書を手渡した。

 五十嵐代表は、LGBTは人口の3~8%程度存在し、約20カ国・地域が、国…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです