メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯塚つなごうプロジェクト

初の発表会 近大生が地域活性化策 /福岡

新飯塚駅前の活性化策について、模型を使って説明する学生(左)

 近畿大産業理工学部建築・デザイン学科の小池博准教授のゼミと、地域の魅力を学びまちづくりに役立てる市民参加の学習会「筑豊ゼミ」とが協働でまちづくりを考える「飯塚つなごうプロジェクト」の初の発表会が12日、飯塚市役所であった。JR新飯塚駅から新飯塚商店街を経て遠賀川周辺までの活性化に向け、学生たちのアイデアに市職員や地元関係者が聴き入った。【平山千里】

 提案したのは小池ゼミの3年生10人。9月に実施した「まちあるき」と課題を議論したワークショップ、10月に新飯塚商店街が開いたイベント「ぶらり市」の来場者へのヒアリングなどを基にアイデアをまとめ、班ごとに模型を作製した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  4. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです