特集

第100回高校ラグビー 大分東明(大分)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する大分東明(大分)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県予選決勝 大分舞鶴56回目花園へ 32年連続切符 東明を33-0 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大分舞鶴-大分東明】後半12分、左中間にトライする大分舞鶴のフランカー・那須選手
【大分舞鶴-大分東明】後半12分、左中間にトライする大分舞鶴のフランカー・那須選手

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)県予選の決勝が12日、大分市の市営陸上競技場であり、大分舞鶴が33-0と完封で大分東明を降し、優勝した。大分舞鶴は、12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。花園出場は32年連続56回目。【尾形有菜】

 昨年の決勝と同じカード。舞鶴が攻守で圧倒し、東明に付け入る隙(すき)を与えなかった。

 鮮やかな先制点だった。舞鶴は前半1分、ラインアウトから一気に左に展開。ウイングの工藤光平選手(2年)が飛び込んだ。東明はその後、舞鶴の反則を誘ってマイボールで始めるスクラムでゴール近くまで押し込むなど一進一退の攻防を続ける粘りを見せたが、26分から舞鶴が連続でラックになりながらもボールをキープしてじりじりと攻め込み、最後はモールのまま押し込んで2トライ目。流れが舞鶴に傾いた。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文717文字)

あわせて読みたい

注目の特集