メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選決勝 大分舞鶴56回目花園へ 32年連続切符 東明を33-0 /大分

【大分舞鶴-大分東明】後半12分、左中間にトライする大分舞鶴のフランカー・那須選手

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)県予選の決勝が12日、大分市の市営陸上競技場であり、大分舞鶴が33-0と完封で大分東明を降し、優勝した。大分舞鶴は、12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。花園出場は32年連続56回目。【尾形有菜】

 昨年の決勝と同じカード。舞鶴が攻守で圧倒し、東明に付け入る隙(すき)を与えなかった。

 鮮やかな先制点だった。舞鶴は前半1分、ラインアウトから一気に左に展開。ウイングの工藤光平選手(2年)が飛び込んだ。東明はその後、舞鶴の反則を誘ってマイボールで始めるスクラムでゴール近くまで押し込むなど一進一退の攻防を続ける粘りを見せたが、26分から舞鶴が連続でラックになりながらもボールをキープしてじりじりと攻め込み、最後はモールのまま押し込んで2トライ目。流れが舞鶴に傾いた。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです