メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプとアジア

/上 正男氏暗殺、米が硬化(その1)

 「あの事件がなければ局面は変わっていたかもしれない」。米朝関係筋が語る。2月13日、マレーシアの首都クアラルンプールで起きた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏の暗殺事件。北朝鮮当局の関与が疑われ、米朝関係が転換したという。空港という公共施設で、VXという国際条約で禁じられた猛毒の神経剤が使われた。トランプ米政権は「明白なテロ行為」(マクマスター大統領補佐官)と態度を硬化させた。

 直前まで、米朝両国は北朝鮮が国連代表部を置くニューヨークなどで水面下の接触を繰り返していた。北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです