メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

多くの葉が繁茂するのに由来する「千葉」という地名の最も古い用例は…

[PR]

 多くの葉が繁茂するのに由来する「千葉」という地名の最も古い用例は、万葉集にある下総の防人(さきもり)の歌らしい。「千葉の野の児手(このて)柏(かしは)の含(ほほ)まれどあやにかなしみ置きて高来(たかき)ぬ」(「千葉県の歴史」山川出版社)▲千葉の野の児手柏の葉が開き切っていないように、若くあどけない彼女が痛々しく、手も触れずにはるばるやってきたことよ--が歌の大意だそうな。遠方へ赴いた兵士が故郷に残した切ない初恋が「千葉」の歴史デビューのようだ▲歌の詠まれたのが1250年以上前だから「古い」のは確かだが、たかだか人間の歴史である。だがこの「千葉」が何と77万年前~12万6000年前という地球史の時代の名称となるそうだ。そう「チバニアン(千葉時代)」である▲「カンブリア紀」「ジュラ紀」などの地質年代の名は地層などが見つかった土地にちなむとの話は聞いたことがある。だがどれも気の遠くなるような昔で、縁のある話と思わなかった。それがにわかに身近に聞こえる千葉時代である▲こんな名前になるのも、千葉県市原市の養老川沿いで見つかった地層が77万年前に地球の磁場の逆転した証拠を示しているからだという。地球史は115の地質年代で区分されるが、地磁気逆転は新たな時代を画す基準になるそうだ▲この千葉時代、絶滅したマンモスなども生息していた時代だった。命名が正式決定すれば現地に記念の金のびょうが打たれるという。ありがたいのは子供らの心に深く植え込まれる地球史への関心だろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです