メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

北方領土を訪問して 未来開く次世代交流=石川貴教(大阪社会部)

日本のアニメソングを歌うカラオケ大会では、ロシアの子どもたちもステージで一緒に踊った=国後島古釜布で9月16日、石川貴教撮影

 私の祖父は太平洋戦争が始まる前の1941(昭和16)年春まで、北方領土・国後島で警察官として勤務していた。元島民の孫として、北方領土に関心があった私は9月15日から3日間、ビザなし交流訪問団の一員として、初めて島に足を踏み入れた。街は思っていた以上ににぎやかで、暮らしに満足している住民が多かった。戦後72年を経ても解決の糸口が見えない領土問題だが、この訪問で、草の根レベルの交流を盛り上げていく努力が道を開くには欠かせないとの思いを強くした。

 旧ソ連崩壊後から続いた経済の混乱、北海道のさらに東という地理的条件から、国後島は「かなり寂れたへき…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2063文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです