メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

新設の軍事協力枠組み、23カ国参加意思

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は13日に外相・国防相会議を開き、共通防衛政策の強化を目的に新設する常設の軍事協力の枠組み(PESCO)に、有志の23カ国が参加する意思を伝えた。EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表(外相)は記者団に「欧州防衛を巡る新たな一ページだ」と意義を強調した。

 PESCOは、2009年に改正されたEU基本条約で概念が盛り込まれたが、英国が北大西洋条約機構(NATO)の役割との重複を懸念して反対を続け、実現が遠ざかっていた。

 しかしウクライナ情勢を巡るロシアとの関係悪化や、英国がEU離脱を決めたことで、独仏を中心にこの1年…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです