メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政審

提言案 診療報酬「本体」引き下げ 地方消費税配分見直しも

 財務省の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)が、2018年度予算編成に向けて月内に取りまとめる建議(提言)の原案が分かった。予算編成の焦点となっている医療機関に支払われる診療報酬の改定では、医師や薬剤師の技術料にあたる「本体部分」のマイナス改定を求める。また、東京都など都市部に多めに配分されている地方消費税については、配分方法の抜本的な見直しを提言する。【工藤昭久】

 年末に向けた予算編成では、増加する社会保障費の圧縮が最大のテーマで、削減効果の大きい診療報酬の改定…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです