メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

帝政の趣 ウラジオストク

横浜正金銀行だった建物

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ロシア革命から100年を迎えた。日本海に面したウラジオストクは、ソ連時代は外国人立ち入り禁止の軍港都市だった。今や「日本から一番近いヨーロッパ」と呼ばれる観光都市だ。帝政時代の雰囲気が残る町へ、週末ぶらりと出かけた。

 ●ビザはネット申請

 ロシアは今年8月、ウラジオストク限定で日本人の渡航手続きを大幅に簡素化した。かつてはロシア側からの招待状を大使館・領事館に持参して査証(ビザ)を申請し、2週間後に再び出向く必要があった。それが、ホテルの事前予約なしにインターネット申請だけで済むようになり、今回は申請から1時間足らずで承諾のメールが届いた。成田から2時間のフライトで到着。8日間滞在可能なビザを空港で発給された。

 モスクワから9000キロ以上離れたウラジオストクはシベリア鉄道の終点。帝政ロシアが「東方を征する町」として築いた。1917年にソビエト政府ができると、日本は「居留民保護」を名目に軍艦を出し、強行上陸した。シベリア出兵だ。かいらい政権樹立による資源獲得を狙ったとされる。当時の建物がたくさん残っている。

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです