メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-羽生善治棋聖 第26局の4

アメ玉で対抗?

 羽生は飛車を切り、田楽刺しの形を作った。直後[先]9一飛と王手香取りを掛けられたが、羽生は当然読んでいて、ノータイムで[後]8一香(途中図)と切り返した。深浦もウンウンとうなずいた。

 実戦では珍しい、詰め将棋のような中合い。[先]9六飛成は[後]8七角。よって[先]8一同飛成だが、香の犠打により田楽刺しが維持できる仕組みだ。しかし技巧が過ぎたか、羽生は「[後]8一香は気が引けた」と言う。

 面白い場面があった。ただし、筆者の主観であることを断っておく。羽生がカバンからアメのようなものを取…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです