メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

バイアスロン 何も考えず的に集中 長野、トリノ大会で金・井口深雪さん

トリノ・パラリンピックのバイアスロン女子12.5キロで金メダルを獲得した井口深雪さん(左)=佐々木順一撮影

 パラリンピック長野大会(98年)、トリノ大会(06年)のバイアスロン女子視覚障害で金メダルを獲得し、07年に現役を引退した井口(旧姓・小林)深雪さん(43)が、平昌大会への思いや経験を語った。

 --平昌大会のバイアスロンの注目点は。

 井口さん 日本勢がウクライナなどの強豪国と、どこまで渡り合えるかに注目したい。緊張感などを追い風にできるかがポイントになると思う。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです