メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
剣道

全日本女子学生優勝大会 ハンディを越え一本 花園大の辻井三段

左手を脇に付け右手1本で立ち向かう辻井菜乃香三段=愛知県春日井市の市総合体育館で12日、森本弘美撮影

 愛知県春日井市の市総合体育館で12日行われた第36回全日本女子学生剣道優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)で、花園大の辻井菜乃香三段(21)=3年=が左手を使えないハンディを抱えながら活躍した。

 滋賀県近江八幡市出身。三重・津田学園高から花園大に進んだ。

 小学生の時に剣道を始めたが、中学3年の春、左手が突然動かなくなった。骨がつぶれて扁平(へんぺい)化する「月状骨軟化症」(キーンベック病)と診断され、重いものを持てなくなった。

 激しい運動はあまりよくないとされながらも、剣道をやめる選択肢はなかった。両手で持っていた竹刀を右手…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文557文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです