メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

国産の高技術・高品質が詰まった「オリエントスター」世界限定モデルは流行のブリティッシュカラー(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

10月に発表されたオリエントスター「モダンスケルトン」、「セミスケルトン」の世界数量限定モデルが11月16日(木)に発売されることが決定。メンズファッション界で流行中の、イギリスの伝統カラーをアレンジした3モデルです。

20171113_hayashi_WN_07

 

上品なブリティッシュカラーはビジネスシーンでも好印象

オリエントスターは1951年の誕生以来、低価格の高品質機械式時計として多くの人に親しまれてきました。独特の模様はひとつひとつ手作業で施されるなど、熟練した職人たちの繊細な手仕事が生きる時計です。

 

この度発売される「オリエントスター モダンスケルトン」、「オリエントスター セミスケルトン」の新色は、スコットランドの伝統的なタータンチェックの一つ“ブラックウオッチ”がベースに取り入れられています。ネイビーとグリーンで形成された深みのあるカラーなので、主張しすぎず上品な印象に感じられます。

↑オリエントスター「モダンスケルトン」8万6400円/Ref.RK-DK0001L/自動巻き/10気圧防水/縦49.0mm×横41.0mm×厚さ12.4mm↑オリエントスター「モダンスケルトン」8万6400円/Ref.RK-DK0001L/自動巻き/10気圧防水/縦49.0mm×横41.0mm×厚さ12.4mm

 

スコティッシュグリーンとネイビーを組み合わせた「モダンスケルトン」。秒針やパワーリザーブ針には、ジャケットに使用される金ボタンをイメージしたゴールドが差し色に効いています。国内限定1000本(世界限定 2000本)。

↑オリエントスター「モダンスケルトン」8万4240円/RK-DK0002L/自動巻き/10気圧防水/縦49.0mm×横41.0mm×厚さ12.4mm↑オリエントスター「モダンスケルトン」8万4240円/RK-DK0002L/自動巻き/10気圧防水/縦49.0mm×横41.0mm×厚さ12.4mm

 

ディープグリーン&ロイヤルネイビーの「モダンスケルトン」。インデックスと時分針のピンクゴールド、秒針とパワーリザーブ針の赤色が程よくアクセントになっています。バンド素材はカーフ皮を採用。国内限定800本(世界限定2000本)のモデルです。

↑オリエントスター「セミスケルトン」7万5600円/RK-DA0001L/自動巻き/10気圧防水/縦46.0mm×横39.0mm×厚さ11.9mm↑オリエントスター「セミスケルトン」7万5600円/RK-DA0001L/自動巻き/10気圧防水/縦46.0mm×横39.0mm×厚さ11.9mm

 

「モダンスケルトン」の「Ref.RK-DK0001L」と同様にスコティッシュグリーンとネイビーを組み合わせたデザインの「セミスケルトン」。皮革バンドの表にはネイビー、裏はダークグリーンを採用し、細部まで本機のコンセプトであるブラックウオッチを取り入れています。国内限定500本(世界限定1000本)。

 

これまでのモデル同様に、ダイアルは無反射コーティングされたサファイアガラスで守られているので視認性は良好。サビに強く丈夫なステンレススチールがケースに採用されているので、ビジネスマンの日常使用でも安心できそうです。

 

ブリティッシュトラッドを上品に取り入れたオリジナリティに加え、世界限定モデルというプレミア感も堪能できることうけあいです。

 

 

 

【関連記事】
時計界に偉大な功績残すユリス・ナルダンの注目ウオッチ「マリーン トルピユール」発売記念キャンペーンを発表
10周年のブレゲ ブティック銀座から世界限定10本のスペシャルモデル発売!
時計の良さは“顔”に出る!多彩なダイアルから自分好みを見極めよう【第1回】
面倒なブレスやベルト交換を一瞬で!大切な時計に使いたい、失敗知らずの秘密道具
日頃のケアも水の泡に!? 季節の変わり目は時計の収納・保管にもご注意を!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです