メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
大相撲

日馬富士が暴行認め謝罪、休場 貴ノ岩全治2週間

朝稽古を終え、記者の質問を受ける日馬富士関=福岡県太宰府市で2017年11月14日午前9時43分、津村豊和撮影

 大相撲の東横綱・日馬富士関(33)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋、本名ダワーニャム・ビャンバドルジ=が、10月下旬の秋巡業中に東前頭の貴ノ岩関(27)=モンゴル出身、貴乃花部屋、本名アディヤ・バーサンドルジ=に暴行をしていたことが14日、分かった。貴ノ岩関は頭蓋(ずがい)底骨折などで、九州場所は初日から休場している。日馬富士関は同日、福岡県太宰府市の宿舎で「大変迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と暴行を認めて謝罪し、休場届を出した。

 複数の関係者によると、日馬富士関は10月26日、鳥取市で行われた秋巡業後にモンゴル出身の後輩力士と…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです