メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲 日馬富士「深くおわび」 協会、対応に追われ

朝稽古を終え、記者の質問を受けながらうつむく日馬富士関=福岡県太宰府市で2017年11月14日午前9時42分、津村豊和撮影

 大相撲にまたも暴行問題が浮上した。秋巡業中の宴席があった10月26日に、横綱・日馬富士関がモンゴル出身力士の後輩の前頭・貴ノ岩関をビール瓶で殴っていたことが表面化。九州場所開催中の福岡国際センター(福岡市)では14日、朝から訪れた相撲ファンらの間に落胆と失望が広がり、相撲協会も対応に追われた。【飯山太郎、坂本太郎】

 日馬富士関は14日午前8時半ごろ、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋の宿舎の稽古(けいこ)場に姿を現した。普段通りに稽古に汗を流した後に報道陣の取材に応じ「貴ノ岩のけがについて貴乃花親方、貴乃花部屋後援会関係者の皆様、相撲協会、うちの部屋の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわびします」と神妙な表情で語った。

 また、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は14日午前9時40分ごろに九州場所が開かれている福岡市の福岡国際センターに姿を現した。同10時ごろから、八角理事長(元横綱・北勝海)ら協会幹部が集まって緊急会合が開かれた。伊勢ケ浜親方は早々に会合を離れて宿舎に戻ると「貴乃花部屋に行く。謝罪とどこまで(のけがの程度)かを聞きに行く」と話し、日馬富士関とともに同県田川市の貴乃花部屋の宿舎に向かった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 財政審 「特例給付」廃止を提案 子育て対策充当に
  4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
  5. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]