メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

日馬富士、ビール瓶で殴る ファン落胆、失望

大相撲九州場所が開かれている福岡国際センター前では横綱・日馬富士関ののぼりが風に揺れていた=福岡市博多区の福岡国際センターで2017年11月14日午前11時6分、佐野格撮影

 大相撲にまたも暴行問題が浮上した。秋巡業中の宴席があった10月26日に、横綱・日馬富士関がモンゴル出身力士の後輩の前頭・貴ノ岩関をビール瓶で殴っていたことが表面化。九州場所開催中の福岡国際センター(福岡市)では14日、朝から訪れた相撲ファンらの間に落胆と失望が広がり、相撲協会も対応に追われた。【青木絵美、佐野格、坂本太郎】

 力士らののぼりがはためく福岡国際センター前。母と観戦に来た同市早良区の大学1年、中馬綾香さん(18)は日馬富士関の暴行のニュースに驚き「幼稚園の時から好きな相撲で、暴行があったとは悲しい。横綱には取組だけでなく、若手力士のお手本となる態度を見せてほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 若者や子育ての支援少なく、進む少子化 「結婚、出産避ける状況続く」 出生率4連連続低下

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです