イラク・イラン地震

死者452人、救助難航 7万人被災

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イラク・イラン国境の山岳地帯でイラク時間の12日午後9時18分(日本時間13日午前3時18分)ごろ、強い地震があり、現地報道によると少なくともイラン側で445人、イラク側で7人が死亡し、両国で計7400人以上が負傷した。被災地に向かう道路が土砂崩れなどで寸断され、大規模停電も発生して救助活動は難航。多くの住民が倒壊した建物の下に生き埋めになっている模様で、死傷者はさらに増える恐れがある。

 米地質調査所(USGS)によると地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.3。震源はイラク北部クルド自治区ハラブジャの南約30キロ、震源の深さは23キロと推定される。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文685文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集