メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

新連載小説始まります 「ぼくたちは卵のなかにいた」

 17にち一部地域いちぶちいきは18にち)からあたらしい連載小説れんさいしょうせつ「ぼくたちはたまごのなかにいた」がはじまります。おはなし担当たんとうするのは「すみれちゃん」シリーズや「わたしちゃん」などの作品さくひんがある石井睦美いしいむつみさんです。

     物語ものがたりは、たまごなかにあるうつくしいまち舞台ぶたいです。主人公しゅじんこう大人おとなになりかけのぼく。ある日大事ひだいじひとたまごからってしまい--。

    作者さくしゃ石井睦美いしいむつみさんのメッセージ

     「たまご」といて、みなさんはどんなたまご想像そうぞうしますか?

     物語ものがたりは、ひとりの少年しょうねん主人公しゅじんこうです。普通ふつうおとこです。でも、その少年しょうねんは、たまごのなかにんでいたのです。たまごはいったいどんなおおきさで、そのなかはどんなふうなのでしょう。そして、その世界せかいにあるひとつの「まり」とは--たのしみにしてください!

    イラスト・日端奈奈子ひばたななこさんのメッセージ

     はじめてこの物語ものがたりれたとき、ひかりあふれる数多かずおおくのいろこころにまばゆくひろがりました。

     わたしとあなたの想像そうぞうするたまご世界せかいはちょっとちがうかもしれません。それはきっとあなたのなかにだけひろがるたまご世界せかい。ぜひ、自分じぶんこころひろがるたまご世界せかい大切たいせつにしながら一緒いっしょ物語ものがたりたのしみましょう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
    2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
    3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
    4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
    5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです