メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

新連載小説始まります 「ぼくたちは卵のなかにいた」

 17にち一部地域いちぶちいきは18にち)からあたらしい連載小説れんさいしょうせつ「ぼくたちはたまごのなかにいた」がはじまります。おはなし担当たんとうするのは「すみれちゃん」シリーズや「わたしちゃん」などの作品さくひんがある石井睦美いしいむつみさんです。

     物語ものがたりは、たまごなかにあるうつくしいまち舞台ぶたいです。主人公しゅじんこう大人おとなになりかけのぼく。ある日大事ひだいじひとたまごからってしまい--。

    作者さくしゃ石井睦美いしいむつみさんのメッセージ

     「たまご」といて、みなさんはどんなたまご想像そうぞうしますか?

     物語ものがたりは、ひとりの少年しょうねん主人公しゅじんこうです。普通ふつうおとこです。でも、その少年しょうねんは、たまごのなかにんでいたのです。たまごはいったいどんなおおきさで、そのなかはどんなふうなのでしょう。そして、その世界せかいにあるひとつの「まり」とは--たのしみにしてください!

    イラスト・日端奈奈子ひばたななこさんのメッセージ

     はじめてこの物語ものがたりれたとき、ひかりあふれる数多かずおおくのいろこころにまばゆくひろがりました。

     わたしとあなたの想像そうぞうするたまご世界せかいはちょっとちがうかもしれません。それはきっとあなたのなかにだけひろがるたまご世界せかい。ぜひ、自分じぶんこころひろがるたまご世界せかい大切たいせつにしながら一緒いっしょ物語ものがたりたのしみましょう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
    2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
    3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
    4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
    5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです