メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『日本人ときのこ』岡村稔久・著

親しまれ喜ばれる松茸はじつは調理法も幅広い

◆『日本人ときのこ』岡村稔久・著(ヤマケイ新書/税別900円)

 松茸と聞くと、あの香りがたまらないとか、土瓶蒸しがいいよねとか、そういう風流さよりも、真っ先に場末の居酒屋の、男女共用のトイレの壁にしばしば掲示されている狂歌を思い出してしまう私。

「急ぐとも心静かに手を添えて外にこぼすな松茸の露」

 友人に、この狂歌の作者や背景について探ってくれと頼まれてから5、6年たってしまったが、いまだ解明で…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文903文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  2. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  3. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述
  4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
  5. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]