メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『日本人ときのこ』岡村稔久・著

親しまれ喜ばれる松茸はじつは調理法も幅広い

◆『日本人ときのこ』岡村稔久・著(ヤマケイ新書/税別900円)

 松茸と聞くと、あの香りがたまらないとか、土瓶蒸しがいいよねとか、そういう風流さよりも、真っ先に場末の居酒屋の、男女共用のトイレの壁にしばしば掲示されている狂歌を思い出してしまう私。

「急ぐとも心静かに手を添えて外にこぼすな松茸の露」

 友人に、この狂歌の作者や背景について探ってくれと頼まれてから5、6年たってしまったが、いまだ解明で…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  4. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊
  5. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです