メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
私の記念碑

バレリーナ 斎藤友佳理の「オネーギン」 宿命のタチヤーナ役

斎藤(左)と木村の「オネーギン」=写真家・長谷川清徳撮影

 「衣装を着けた、舞台稽古(げいこ)も終えた。本番まで『あと一歩』のところに、23歳の私は立っていました」。しかし、幕は開かなかった。土壇場で著作権者の許可が下りなかったのだ。ジョン・クランコによる物語バレエの傑作「オネーギン」のタチヤーナ役は、こうして斎藤友佳理の「宿題」になった。

 発端は、振付家モーリス・ベジャールの一言。東京バレエ団の稽古場で「ユカリにタチヤーナを踊らせたい」とつぶやいたのだ。周囲はすぐさま動いた。「世界バレエフェスティバル」(1991年)での抜粋上演を計画し、初演者マリシア・ハイデの指導も仰ぐ。だが「抜粋を踊ってよいのは全幕主演の経験者のみ」という原則は、ついに崩せなかった。まとめ髪をむなしく解き、ピンを外した斎藤に、持ち主のハイデはこう言った。「それはあなたが持っていて。必ず踊れる日が来るから」

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1186文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです