メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「坂崎出羽守」「沓掛時次郎」 武骨な出羽守に緊迫感=評・小玉祥子

 新歌舞伎の2本立て。国立劇場ならではの企画だ。

 最初が「坂崎出羽守」(山本有三作、二世尾上松緑演出)。徳川方の大名、坂崎出羽守(松緑)は、「大坂夏の陣」で大坂城の炎の中から千姫(梅枝)を救い出すが、姫を助ければ輿(こし)入れさせるという徳川家康(梅玉)との約束はほごにされる。出羽守は本多平八郎(坂東亀蔵)に嫁ぐ姫の婚礼行列に切り込む。

 家康のその場しのぎの言葉に出羽守は翻弄(ほんろう)される。武芸に優れるが感情表現は不得手。姫の関心…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです