特集

北海道|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「北海道|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

衆院選

落選の前職 敗因を語る /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 10月22日に投開票された衆院選で、道内では第1党の自民党は全国での圧勝とは裏腹に前職4人が落選し、後退した。民進党が分裂して立憲民主党は躍進したが、希望の党は当初の期待感を維持できず、道内では唯一の前職が落選した。今回落選した自民前職で当選回数が最多の7回のベテラン、今津寛氏(71)=6区=と希望の党前職の松木謙公氏(58)=2区=に、敗因と今後への展望を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2054文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集