メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育ちば

相次ぐ教員わいせつ事案 「処分歴」共有、根絶探る 今年度、既に6件 文科省方針に自治体の壁 /千葉

 県内の公立学校教員の懲戒処分が後を絶たない。今年度は免職だけでも10月末時点で既に7件(昨年度3件)に上っており、うち6件は児童生徒に対するわいせつ行為が処分の理由だ。県教委は教員への指導啓発を強化し、文部科学省も、免職や停職になった教員が処分の事実を伏せて別の自治体に採用されるのを防ぐ対策に乗り出しているが、実効性は未知数だ。【加藤昌平】

 「深刻に受け止めている」。今月1日、県庁で記者会見した内藤敏也教育長は、教員の相次ぐ不祥事に苦渋の表情を浮かべた。

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです