メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽祭

被災地・福島の80人と首都圏の人たち、ラテンな気分で交流を 茅ケ崎の加藤さん企画、19日に横浜で /神奈川

ボンゴを演奏する加藤ちゃぼさん=横浜市神奈川区で

 福島からラテン音楽の愛好家ら約80人が集まる「ラテンな気分で福島県人大集合!音楽祭in横浜」が19日、横浜市栄区の「上郷・森の家」ミニドームで開かれる。企画したのは、ラテン・パーカッション(中南米打楽器)を教えている茅ケ崎市の加藤ちゃぼ(本名・幸司)さん(57)。元気な福島県人の姿を見て感じてもらい、首都圏の人たちと心の交流を深めたいという。【石塚淳子】

 加藤さんがラテン音楽と出合ったのは19歳の時。大学の先輩に誘われてキューバのミュージシャンのライブ…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文957文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです