日本モンキーセンター

猿の剥製54点、特別公開 犬山 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
希少な猿の剥製が並ぶ展示会場=犬山市の日本モンキーセンターで
希少な猿の剥製が並ぶ展示会場=犬山市の日本モンキーセンターで

 犬山市の日本モンキーセンターで、飼育してきた猿の剥製43種54点が特別公開されている。絶滅の恐れがあり、今では国内の動物園では見られなくなった種の剥製もあり、飼育展示中の約60種を合わせると、100種以上の猿を一度に見ることができる。同センターは「霊長類の多様な生態を知ってほしい」とPRしている。来年2月26日まで。

 センターは霊長類の展示研究施設として1956年に設立され、昨年60周年を迎えた。この間、多くの猿が飼育され、うち約250頭が研究のため死後に剥製にされた。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文485文字)

あわせて読みたい

注目の特集