くさつ夢風車

「記念」残し廃止 草津市が方針案、意見を募集 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
稼働停止中の「くさつ夢風車」を視察する草津市環境審議会のメンバーら=滋賀県草津市下物町で、衛藤達生撮影
稼働停止中の「くさつ夢風車」を視察する草津市環境審議会のメンバーら=滋賀県草津市下物町で、衛藤達生撮影

 老朽化し故障したままの草津市下物町の風力発電施設「くさつ夢風車」について、同市は、記念となるものを残して廃止する方針案を公表し、パブリックコメントの募集をしている。期間は今月末まで。

 くさつ夢風車は再生可能エネルギーの普及啓発と市立水生植物公園みずの森への電力供給を目的に2001年7月から稼働を開始。昨年度までに207団体3715人の視察があった一方、ブレードの破損で稼働が止まった14年4月までの通算発電量を金額に換算した額が維持管理費を約…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集