メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

新たに1羽が陽性 宍道湖岸の死骸を遺伝子検査 /島根

 県は14日、松江市内の宍道湖岸で12日に回収された野鳥のキンクロハジロ1羽の死骸から、国立環境研究所(茨城県つくば市)の遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。鳥取大で確定検査をする。

 県によると、キンクロハジロの死骸は松江市岡本町で発見された。環境省が7日に指定した野鳥…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです