企画展

イノシシと「おいしく」共生を あすまで、大三島の図書館で「野生鳥獣展」 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
企画展「野生鳥獣の今を知ろう」で野生鳥獣の資料を紹介する菅朗子司書=愛媛県今治市の市立大三島図書館で、松倉展人撮影
企画展「野生鳥獣の今を知ろう」で野生鳥獣の資料を紹介する菅朗子司書=愛媛県今治市の市立大三島図書館で、松倉展人撮影

 「野生鳥獣の今を知ろう」と題した秋の読書週間企画展が今治市立大三島図書館(大三島町宮浦)で開かれている。16日まで。イノシシなどの地域特有の被害を知り、鳥獣との共存を探ろうという企画。記念講演では大三島の「しまなみイノシシ活用隊」隊長、渡辺秀典さん(40)が、島のイノシシを食材や皮革の「資源」として活用するまでの道のりを報告した。【松倉展人】

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1030文字)

あわせて読みたい

注目の特集