メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッター

CEOインタビュー 透明性高め悪用排除

インタビューに応じるドーシーCEO=東京都中央区で2017年11月14日、竹内紀臣撮影

 短文投稿サイト「ツイッター」創業者の一人で、米国から来日しているジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO、40歳)が14日、日本法人のツイッタージャパン(東京都中央区)で、毎日新聞の単独インタビューに応じた。神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかった事件で、容疑者がツイッターで被害者と接触したことに触れ、「最も重要なことはツイッターをより安全にし、悪用の可能性を排除すること。我々にできることはもっとある」と改善を誓った。

 具体的な改善策については「答えは一つだけでなく、状況は変化する」としたが、「ツイッターは開かれたサービス」と強調。「他のサービスよりもネガティブな投稿を早く見つけることができる。利用者からの報告を受け、自傷行為をしようとしている人に手を差し伸べたり、助けられる可能性のある専門家などに報告したりするなどの対処ができる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです