メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ワインの哲学と科学=中村秀明

 <sui-setsu>

 フランスのボージョレ地方で生産されたワインの新酒が16日解禁になる。その年に仕込んだ欧州産ワインの出来ばえを知る一つの目安になるという。

 欧州は今年、春の高温と少雨、夏の猛暑に見舞われ、ブドウの生育には過酷だった。その結果、ワインの生産量は第二次大戦後で最低に落ち込むそうだ。前年に比べてイタリアは26%、フランスが18%の減少になるとみられる。

 ただ、品質は「かなり良好だ」というから面白い。天候不順をしのいで残ったブドウの実が、収穫を前にした…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文969文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  4. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
  5. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]