メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

戸籍制度のあり方

遠藤正敬氏

 市区町村が扱う戸籍事務に「マイナンバー制度」を導入し、行政手続きを簡素化するための議論が始まっている。戸籍をめぐっては、最近、「無戸籍」になっている人の存在や、蓮舫元民進党代表による戸籍公開なども話題になった。戸籍制度のあり方は現行のままでよいのか。歴史的な経緯や、廃止した韓国の事例などから考えた。

この記事は有料記事です。

残り4420文字(全文4571文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]