メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改憲日程

与党で神経戦 協議誘う自民、公明は警戒

 国会での憲法論議の再開を前に、与党間でさや当てが始まった。公明党と改正案をすり合わせて国会審議をスムーズに進めたい自民党に対し、公明党は早々と土俵に乗せられることを警戒。幹部から慎重論が相次ぐ。自民党が我慢できるか、公明党が歩み寄るのか。神経戦は当分続きそうだ。【田中裕之、木下訓明】

 安倍晋三首相は5月の憲法記念日に、改正憲法の2020年施行を目指す考えを表明した。しかし、自民党が圧勝した衆院選後は「スケジュールありきではない」と繰り返している。もちろん、改憲への意欲が薄れたわけではない。自民党は首相の意向を踏まえ、9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)を維持しつつ、自衛隊の存在を明記する改憲案を年内にもまとめ、来年の通常国会に提出する方針だ。

 ただ、9条改正に慎重な公明党を置き去りにすれば与党に溝が生じ、首相の政権運営に影響する。そこで、衆…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文1012文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]