メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改憲日程

与党で神経戦 協議誘う自民、公明は警戒

 国会での憲法論議の再開を前に、与党間でさや当てが始まった。公明党と改正案をすり合わせて国会審議をスムーズに進めたい自民党に対し、公明党は早々と土俵に乗せられることを警戒。幹部から慎重論が相次ぐ。自民党が我慢できるか、公明党が歩み寄るのか。神経戦は当分続きそうだ。【田中裕之、木下訓明】

 安倍晋三首相は5月の憲法記念日に、改正憲法の2020年施行を目指す考えを表明した。しかし、自民党が圧勝した衆院選後は「スケジュールありきではない」と繰り返している。もちろん、改憲への意欲が薄れたわけではない。自民党は首相の意向を踏まえ、9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)を維持しつつ、自衛隊の存在を明記する改憲案を年内にもまとめ、来年の通常国会に提出する方針だ。

 ただ、9条改正に慎重な公明党を置き去りにすれば与党に溝が生じ、首相の政権運営に影響する。そこで、衆院議員引退後も留任した高村正彦副総裁を窓口に、公明党との接点を探ろうとしている。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです