メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

アジア5カ国訪問 「成功した旅」

帰国直前に東アジアサミットの会場で記者団にアジア歴訪の成果などを語るトランプ米大統領(中央)=マニラで14日、ロイター

 【マニラ高本耕太】トランプ米大統領は14日、5日からのアジア5カ国歴訪を終え、フィリピン・マニラの空港から大統領専用機で帰国の途についた。トランプ氏は東アジアサミット(EAS)に出席するため滞在予定を延長したが、EAS開始が遅れたことを理由に出席を取りやめ、大統領専用機「エアフォースワン」で予定時間に出発した。米東部時間14日深夜にワシントンに到着する予定。トランプ氏は今回の歴訪に関して「ホワイトハウスに戻り声明を出す」と述べ、15日に成果を公表する考えを示している。

 トランプ氏は13日の安倍晋三首相、ターンブル豪首相との3カ国首脳会談で今回の歴訪を振り返り「貿易の…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1558文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]