メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

「コト消費」の熱気 中国総局・赤間清広

 ショッピングモールの中にある専用劇場に入ると、その熱気に圧倒された。北京を拠点に活躍するアイドルグループ「BEJ48」の定期公演だ。日本で大人気の「AKB48」の姉妹グループとして上海に「SNH48」が5年前に誕生した後、中国では今や広州(GNZ48)、瀋陽(SHY48)、重慶(CKG48)にもグループが「増殖」し、独自の進化を遂げた。

 北京の専用劇場の入場料は80元(約1400円)からと決して安くはない。だが、観客席は若い中国人ファンで埋め尽くされていた。「ここは中国経済の『現状』を実感するのに最適な場所ですよ」。誘ってくれた経済人の解説だ。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです