メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

テレビ事業売却へ 中国「ハイセンス」に129億円で

 経営再建中の東芝は14日、テレビ事業子会社「東芝映像ソリューション」を中国電機大手の海信集団(ハイセンス)に売却する契約を結んだと発表した。2015年の不正会計発覚後、海外のテレビ事業から撤退するなどリストラを進めてきたが、テレビ事業は営業赤字が続いており、継続は難しいと判断。売却額は約129億円で、来年2月末ごろの売却完了を目指す。

 18年3月期連結決算に売却益を計上する見通し。東芝のテレビブランド「レグザ」もハイセンスに売却する。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです