メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ウィルコ・ジョンソンさん=東日本大震災の被災地を支援した

 指で弦をたたきつけるような独特の奏法も、ギターを構えて縦横に動く姿も、初めて日本のステージに立った1980年代当時と変わらない。10月、自身の名を冠したバンドを率いて久々の来日公演。歓声が温かいのはバンド活動30周年への祝福に加え、「奇跡の復活」と言われるがんの克服や、東日本大震災の被災地支援の姿勢に、多くのファンが心を寄せているからでもある。

 腹部にしこりを感じて検査を受けたのは2012年暮れ。末期の膵臓(すいぞう)がんで、余命10カ月と宣告された。「不思議に平静だった。毎朝目を覚まし、命があることに感謝する日々だった」。近づく死を受け入れ、残りの生を「おまけ」と思って楽しむことに決めた。最愛の妻も04年にがんで他界していた。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです